命名札のいろいろ

出産祝いを頂いたらお礼のお返しに出産内祝いを贈りますが、
その内祝いの商品に命名札を付けて贈る場合など、地方によってまちまちではありますが
習慣のある地域もたくさんあります。

命名札とは、縦長の短冊のような札で上下に赤の線が入っています。
札の上の方に「命名」その下に子供の名前を書いて贈りものに付けて贈ります。

これは、早く子供の名前を覚えてもらう為目につく場所に貼ってもらうという
習慣が残っているもので今では命名札を付けない場合も多くなってきました。

命名札といっても、さまざまなタイプがあり、シンプルな命名札意外に
子どもの顔写真を入れた命名札やメッセージが入っているもの、
柄が付いているものなどタイプも豊富に揃っています。

また命名札の習慣がない地域では、命名札の代わりに命名カードを付けて
贈るケースがほとんどです。

命名カードも、命名札同様に子供の名前や写真を入れて内祝いと一緒に
贈る事が出来ますので貰った方も赤ちゃんの顔を見る事が出来て
出産時のちょっとした情報なども知る事が出来ますので非常に人気があります。

カタログギフトショップなどでは、無料サービスで命名札を付ける事が出来ますので
多くの人が利用しています。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>