これからの営業には、カタログギフトが欠かせない?

最近、法人まわりの時の手土産用につくられた
カタログギフトというのもあるようです。
営業の方には気になる商品かもしれません。

しかし、営業のときに持って行く手土産については、
お仕事をされている方それぞれ、いろいろな思いがあるようです。

たとえば手土産を持って行くと、下心があるように見えたり、
下品に見えないだろうか?というものがあるようです。
営業という仕事を私は一度も体験したことはないですが、
たとえば我が家によく来るアポイントメントの方が
手土産を持ってきたとしたら、いやな気持ちになるか、
はたまたちょっとお得な気持ちになるかは、紙一重のような気もしますね、確かに。
まあ仕事の営業とアポイントメントは、ちょっと内容が違うでしょうが。

ただカタログギフトは必要なければ、注文しなければいいですから、
「見るだけね」といって受取りやすいかもしれません。
そう考えると。

リンベルの法人手土産用のカタログギフトは3150円からあり、
内容としてはちょっとしたお茶うけ、お茶菓子が多いようです。
職場の皆さんでわけて食べるからかもしれません。

またパッケージも封筒サイズと、小さいものからあるようです。
封筒サイズであれば、背広の内ポケットにも入りやすいですし、
自然な感じで取引先に渡せそうですよね。

ビジネスアイテムとしても、これからはカタログギフトに
どんどん注目していってもよいかもしれません。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>