香典返しをするタイミングと香典返し礼状

本来であれば香典というのは霊前に供える物であるために、香典返しというものは必要ありませんでした。
ですが現在になっては、忌明けに遺族が香典返しを贈る事も多くなっているのです。
忌明というのは、仏式であるならば四十九日の法要後になり、神式であるならば五十日祭を終えた後になります。
結構香典を受け取ったはいいけれど、お返しのタイミングというのが分からないという人が居るので、これを参考にしてみてください。
香典返し礼状にも書き方などがありますから、よく調べておくと良いでしょう。
葬儀の時はバタバタとしてしまうと思いますが、お返しをする際は忘れる事の無いように心がけてください。

 

シーンで選ぶカタログ
カタログギフトのメリット
カタログギフトのシステム


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>